腰部脊柱管狭窄症の手術による予後の経過

腰部脊柱管狭狭窄症は脊柱管が狭くなる病気で、歩いていると脚や腰が痛くなったりしびれを感じます。それが悪化すると間欠跛行という歩行困難になります。

スポンサーリンク

症状が軽度の場合は日常生活の動作に気をつけたり、処方された薬を服用しながら暫く様子を見ますが、好転する兆しが見られない場合は、医師から腰部脊椎管狭窄症の手術を勧められます。

 

入院日数や費用に関しては手術の内容で異なりますが、多くの方が気になるのは予後に関することです。手術が成功したとして、確実に健康な状態に戻れるのかという不安があるのです。

 

検査後

間欠性跛行の原因が検査で特定されていれば、その部位を除圧することで完全に除去することは可能です。安静状態でも予後にしびれを感じたり、脚に麻痺が見られる場合は術後も症状が残る可能性はあります。

 

これが安静時は症状がなく、歩行することで起こる痛みやしびれは、原因となる部位を手術で除圧できれば、かなり良好な結果が得られるでしょう。腰部脊椎管狭窄症の手術が成功すれば、今まで悩まされていた間欠跛行による痛みは即座に消失しますが、退院後の生活によっても経過は変わりますので、予後に関して経過を確定するのは難しいのです。手術後1か月程度は軽く体を動かすのみで、その後も軽い作業から始めて体を慣らしていくことが大切です。

スポンサーリンク