しびれは腰部脊柱管狭窄症の主な症状

腰部脊柱管狭窄症の主な症状では、足にしびれを感じる状態になります。脊柱というのは椎骨が連結したもので、その中心には椎骨で構成された脊柱管と呼ばれる管があります。

スポンサーリンク

脊柱管には脊髄や神経根があることから、脊柱は神経を保護するために重要な役割を担っているのです。 腰部脊柱管狭窄症が起こるのは、腰部の脊柱管が狭くなることで脊柱管の中の神経が圧迫されるためで、脚腰に痛みやしびれなどの症状が現れます。

 

間欠跛行

この病気の特徴は間欠跛行で、しばらく歩いていると腰や脚がしびれたり痛みを感じるようになります。悪化すると歩行が困難になりますが、しばらく休んでいると症状が和らいで歩けるようになります。圧迫されている状態によって症状が異なり、神経根が圧迫されている場合は「神経根型」といいます。 腰から足にかけてしびれたり痛みを感じる症状が現れるのが特徴で、左右片方の神経根だけが圧迫されると、そちら側にしびれや痛みを感じます。 また、腰部脊柱管狭窄症でも馬尾が圧迫される「馬尾型」は、排泄障害や麻痺とともに足のしびれも起こり、 神経根が圧迫された場合よりも重症であるとされています。 上記2つが圧迫される場合は「混合型」と呼ばれ、両方の症状が複合的に現れる特徴があります。

スポンサーリンク