専用コルセットで腰部脊柱管狭窄症の治療

腰部脊柱管狭窄症は、脊柱管が狭くなることで神経が圧迫される病気です。症状の特徴は腰から足などに痛みや痺れがあり、悪化すると歩行困難や排泄障害などが起こります。

スポンサーリンク

重傷な場合を除いて保存治療が行われますが、その中にコルセットを装着する装具療法があります。腰部脊柱管狭窄症用に作られた特殊なコルセットをする治療法で、やや前屈みの姿勢になるように、腰に装着して固定します。

 

ただ、装着時に違和感があるために、長時間装着して過ごすには決して快適とはいえないようです。そこで、違和感がなく快適な軟性コルセットを装着する方も多いのですが、デメリットもあるのです。

 

コルセットのデメリット

痛みの緩和には適しているものの、長時間の歩行で現れる痛みやしびれの症状には対応できません。筋力の低下も腰部脊柱管狭窄症の原因の一つで、筋肉を鍛えるにはストレッチなどが効果的ですから、脊柱管を支える筋肉を補助するために、コルセットで固定して症状を和らげます。

 

より効果的に筋力の補助をするには、腰部脊柱管狭窄症用のコルセットを装着するのが望ましいのです。 コルセットを長時間使用していると、腰の痛みは緩和されても日常生活ではストレスを感じますし、装着するする時間が長くなるほど筋力が低下してしまいます。装着時間の調整も含めて、医師に相談して治療を進めていきましょう。

スポンサーリンク