腰部脊柱管狭窄症 lcsの症状を和らげるストレッチ体操

腰部脊柱管狭窄症は、Lumber spiral Canal Stenosisの略からlcsと呼ばれます。高齢者に多くみられる病気ですが、ストレッチ体操をすることで症状の改善が期待できます。

スポンサーリンク

この病気は上半身を後ろに反らすと痛みが発生し、長時間の歩行や立ち続けるのも負担になるのです。腰部脊柱管狭窄症に効果的なストレッチとして、まずは椅子に半分ほど腰掛けます。片膝を胸まで持っていったら戻す動作を5回繰り返し、もう片方の足でも同じ体操を繰り返し行います。これを行うことで股関節の筋肉を和らげて、lcs特有の腰椎にかかる負担を減少させる効果があります。

 

身近にあるストレッチ

次のストレッチ体操は、椅子に座っての腹筋運動です。椅子に浅く腰掛けて背筋を伸ばしたら、上半身を静かに後方へ倒していき、背もたれに触れる直前で止めて10秒ほど静止したら元の位置に戻します。次は床に正座して背筋を伸ばし、上半身を前方に倒して両腕は前に伸ばします。両腕が床についた時点で元に戻り、肩の力を抜くようにして10回程度は繰り返し行ってみましょう。いずれも腰部脊柱管狭窄症の症状を、軽減させる効果は期待できますが、途中で痛みやしびれを感じたら、体操をすぐに中止して整形外科医でlcsの診断を受けるようにしてください。

スポンサーリンク