腰部脊柱管狭窄症の患者に対する看護の方法

腰部脊柱管狭窄症は腰の病気という性質上、患者を看護する側として習得することが多々あります。基本的なものとして、体位を変える際に腰部を捻らない方法ということです。

スポンサーリンク

腰部脊柱管狭窄症の看護をしていく過程で、患者に対して最も効果的なケアを施すことが大切ですから、入念に計画を立てて、介入援助をするべきかを随時考えながら対応していくべきです。

 

なお、腰部脊柱管狭窄症で椎弓切除術をした後は特に、患者を寝返りさせる際も注意が必要になります。この時に両膝を一度に立てると、 腰椎が反り返り痛みが起こる要因となるため、必ず片膝を順に曲げて両膝を立てるようにします。

 

しっかり順序よく

次は患者が胸の前で両手を組み、補助する側は患者の右側に立ちます。患者の左肩と、左側の腸骨稜か左足の膝を持ち、声をかけながら患者の頭を上向きにして右に向けたら、肩と腸骨稜が真っ直ぐになるように手前へ誘導します。寝返り一つの動きだけでも、かなり大変な作業であることは分かります。

 

ただ、看護をする過程ではこうしたケースが頻繁に起こりますし、ベテラン看護師に習うことも必要です。基本となるのは、腰部脊柱管狭窄症の患者に対して今からする動きを教えることと、その都度において、努めて声をかけていくことです。

スポンサーリンク