腰部脊柱管狭窄症の原因と症状

腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎骨が変形することで脊柱管が狭くなり、神経組織が圧迫されて起こる病気です。

スポンサーリンク

主な原因は加齢によるものですが、中には先天性の脊柱管が狭い人、椎弓や椎間関節の形に異常がある人に、多く見受けられます。特徴的な症状として、最初はそれほど強い症状が出るわけではなく、歩き続けていると脚に痛みを感じたり、しびれるなど歩けなくなる「間欠性跛行」という状態になります。ただ、これはしばらく休んだりしていると症状が軽くなり、また立ったり歩き出せるという特徴があります。

 

立つ姿勢がつらい

つまり、立つことで脊柱管が狭くなり神経を圧迫するのですが、座ったり前かがみになると脊柱管が広くなり、圧迫状態は解放されて楽になるということです。しかし、最初は結構な距離を歩けていたものが、進行するに伴い連続で歩行できる距離が短くなっていきます。重症になると5分も立っていられなくなり、次第に下腿の筋肉が萎縮して歩行障害が起きる恐れもあるのです。ここで重要なのは、単に「年齢のせいで歩けなくなった」という思い込みで腰部脊柱管狭窄症を放置すると、悪化する恐れがあるので、人も家族も十分に注意する必要があるということです。腰部脊柱管狭窄症に気づいた場合は後回しにせず、早急に整形外科を受診することが大切です。

スポンサーリンク