頸椎脊柱管狭窄症の具体的な症状と検査方法

脊柱管には脊髄や神経などを収め、保護する役割がありますが、生まれつき脊柱管が狭いことにより、加齢とともに頚椎の変化が起こります。

スポンサーリンク

それが要因となり「頸椎脊柱管狭窄症」という、頚髄や神経が圧迫される状態になるケースがあります。 頸椎脊柱管狭窄症の特徴的な症状は痛み、しびれ、手指の不自由さや歩行障害、排尿・排便障害などです。急激に症状が現れることはありませんが、頸部から徐々に上肢や下肢にかけて徐々に症状が出てくるため、日を追うごとに痛みが強くなる傾向にあります。

 

首(頚椎)の脊柱管狭窄症

頸部に関しては、肩や首の筋肉が緊張する圧痛があり、前屈や後屈する際に痛みが上肢に放散します。上肢は痛みと同時に脱力感、疲労感やこわばりなどを感じ、手先の作業や文字を書いたり物を摘まむなど、主に指先を使う動作が不自由になります。上記のような症状に気づいた場合は、スパーリング検査とジャクソン検査を行うことで病気が判明します。具体的には、首を横に曲げたり後方へ軽く曲げて、頭部を圧迫したときに上腕に痛みがある場合には、この病気が疑われるということです。頸部周囲の筋肉の緊張を和らげる治療になるため、就寝時は軽い前屈位をとるように枕の高さを調整します。いずれしても頸椎脊柱管狭窄症の症状に気づいたら放置せず、早期に病院で受診することをお勧めします。

スポンサーリンク